ブログ

記事一覧

唯(ただ)ぼんやりとした不安か・・・・・・

”芥川龍之介”は自殺する動機を「新聞の三面記事などに生活難とか、病苦とか、
或は又精神的苦痛とか、いろいろの自殺の動機を発見するであらう。
しかし僕の経験によれば、それは動機の全部ではない。のみならず大抵は動機に至る
道程を示してゐ(い)るだけである」と言い、自身が自殺する動機は
「唯(ただ)ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である」
と旧友への手紙で書いています。

「将来に対するぼんやりとした不安」
分らなくはないけど、それで自殺までするってどんだけ繊細且つナイーブなのでしょう。

あたくし自身を振り返ると、将来に対する不安もそうですが、「タイヤ交換
来週中でもいいのかな?」の方が今は不安です。(しょうもない)

追記 ”芥川龍之介”って35歳で死んだんですね。
”龍ちゃん”、早すぎだって!!
ファイル 2946-1.jpgん?お客さんか誰かに似てる人いたな・・・・・。
あっ、”てまひま”には繊細でナイーブなのか?単にナルシストなのか?
超忘れっぽい”丹羽龍之介”がおりますけど。(笑)

このまま歳を取って行くのかな~・・・・・。

何だか歳を取ってからの方が、より人間関係が煩わしくなってる時があるし、
疎遠になっているような。逆に小中の頃の友だちの方が話が合うと言うか、
会っていて楽しいですね。(思い出話なんで)

まぁ、独身時代と違うし、ましてや子供が出来るとお金も時間も自由には
行かないし、仕事もそれなりに責任のある立場になってきたりもあるし、
何よりもお互いに歳を取って来ているので偏屈や強情になって相手の話を聞けなく
なってきますからね。(あたくしもね)

一時、あんなに飲んだり遊んだのにな~・・・・・。

追記 待ってるよ~!!

また、みんなで飲んで、歌って、笑って、怒って、泣いて・・・・・
別に終わったわけじゃないけど、何だか寂しくも懐かしい。。。。。

行動力は繁盛力

1、ぐずぐずして判断力・決断力のない店長の店で繁盛しているお店はありません。
2、問題や課題を先延ばしにする店長の店も繁盛しません。
3、また、報連相の出来ていない(しない)店長の店でも繁盛はしません。

まぁ、ここで繁盛と言っても常に満席状態ではなく、一応会社で決めた目標をクリアする
しないのことなんですけどね。

要は上記で挙げた3つは店舗を運営する上でリーダーとしては非常に重要な要素です。

まずは行動力。
いくらPCとにらめっこをしていても、机の上で頭を抱えていても行動を起こさなければ
まったく意味がありませんからね。
どんなに出来ない理屈(理由ではなく)をこねても、なんの解決にはなりません、絶対に。

追記 早くON・OFFのONのスイッチが入ってくれることを望みますし、そのように促します。

嬉しさと同時に不思議な感覚です・・・・・(笑)

先日、古くからのお客さんの長男坊の結婚披露宴へ行って来ました。
そのお客さんとはご夫婦ともに彼これ27年の付き合いになり、今回結婚した長男坊が
産まれた時に直ぐに病院へ行きました。
その時のお母さんは出産の力みで顔中の毛細血管が切れている状態でした。

夫婦二人ともお酒を飲むのが好きなので、年子で産まれた次男坊が物心ついた頃には
家族四人で良くお店に顔を出しておりましたので、これまでその家族とはずーっと
一緒に歩んできました。

ですので、その長男坊の披露宴に出席しその姿を見てとても感慨深い思いでしたね。
また、若い時から知っていて何度も何十回も何百回も一緒に飲んでいる夫婦の披露宴で
両親として見る二人を見て、とても不思議な感覚でしたね。(笑)
ファイル 2943-1.jpg”翔弥”、目つぶってるし。(笑)
ファイル 2943-2.jpg緊張の瞬間。
ファイル 2943-3.jpg大成功!!
ファイル 2943-4.jpg皆で。

追記 この歳になると結婚式よりも葬式が多くなり、久々の祝辞事でした。
ファイル 2943-5.jpgなんだかこの光景が不思議ですが、もっとも良い写真です。
一つ肩の荷が下りたね。(笑)
また飲もうね!

山あり、谷ありだけど・・・・・。

その昔、かねてから人種差別が行われていて、特に南アフリカでは
アパルトヘイトと言う白人と非白人を人種隔離政策のアパルトヘイト法が
確立されました。

1948年にアパルトヘイトが法制化され、1994年に制度が撤廃されるまで
実に46年間も白人と非白人の人種隔離政策がありました。
いえ、16世紀にオランダ人が入植しだしてからずーっと人種差別はあったんですね。

そこで反アパルトヘイトの闘士として27年間も牢獄され重労働を不法に
課せられていた”ネルソン・マンデラ氏”が釈放され、南アフリカで初めて
白人だけではなく非白人も含めた”全人種選挙”で1994年に非白人初の
大統領に就任したマンデラ氏の言葉です。

”困難に挫ける人もいれば、困難で成長する人もいる”

気持ち、考え方一つと言えば軽い言葉なんですけど、しかし、普通に自由を目指した人間が
27年間も牢獄に入れられ決して希望を捨てずにいた、また氏を待ち続けた同志の実体験を
通した生きた言葉です。

追記 その時はとてつもなく辛く悲しいことや困難な目に遭っても、一生は続きません。
数か月か数年人間は忘れることは出来なく、人によって様々な困難に遭いますが、
その逆に人によって癒されもしますからね。

“シスター鈴木秀子”さんの言葉です。
「困難を前に絶望して立ち上がれなくなってしまうのか、それともいますぐには分からなくても、
その出来事に何か意味があると捉えて人間性をより豊かにしていくのか、
そこに人生の分かれ目がある」
そんな生き方が自然に身につくには、あとどれくらいかかるだろうか。。。。。
“丸か”のお店で少しでも気持ちが紛れれば幸いです。

ページ移動

  • 加藤商店だョ!全員集合
  • 丸かの前進!前進!トップギア!!-加藤商店のブログ-
リンカーン:iPhone csems.net& iphone 4/4s/5/5s/5c/6/6sケース& ブランドスマフォンケースと携帯カバー新品紹介& 携帯ケースと最新機種の発売情報掲載& iphone 4/4s/5/5s/5c/6/6s可愛い おしゃれなカバー& アイフォン、サムソンケースカバーセール情報ニュース& 新品 ブランドアイフォンケース iPhone6カバー レディース メンズ& ブランドiPhone/SAMSUNGカバーケース専門店& iphcaseの最新商品の発売情報掲載& ブランドiphoneケース新商品入荷&